GogoleChromeに追加することで、
楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、au PAY マーケットに対応した
28の便利機能を利用できるようになります。


  • 楽天
  • Yahoo!
  • Amazon
  • その他
  • レギュラープラン
  • シルバープラン
  • ゴールドプラン
  • プラチナプラン

最終更新日:2021年2月7日

「楽天HTTP確認HTTPS置換君」削除のお願い

「楽天HTTP確認HTTPS置換君」がインストールされていると、一部機能で、正常に動作しない場合がございますので、削除をお願いいたします。

「楽天HTTP確認HTTPS置換君」の削除はこちら

必要環境

必須
・GoogleChrome 最新版
・会員専用Chrome拡張機能

会員専用Chrome拡張機能のインストールはこちら>>

会員専用Chrome拡張機能のインストール方法はこちら>>

会員専用Chrome拡張を更新する方法はこちらから >>

機能一覧

▽楽天対応
1.自動ログイン:RMSに簡単ログイン
2.スマホ表示 ※無料:PCでスマホページを確認
3.スマホ比較:ランキング入賞など売れてる商品と比較
4.ディレクトリタグ:各種IDの登録状況をチェック
5.ランキング:商品ページからデイリー・リアルタイムなどランキングを表示
6.リンク切れチェック:楽天のHTMLファイルのリンク切れ防止
7.商品ページ比較君(R)連携:楽天の検索画面からECマスターズクラブのツールにかんたんアクセス
8.RMSダイレクト:ワンクリックで編集機能にアクセス
9.文字数カウント:商品名など文字数オーバーのチェックに
10.画像表示:商品画像を見ながら説明文などの作成に
11.商品画像並び替え:商品画像をドラッグ・アンド・ドロップで並び替え
12.バナー表示:バナー画像を見ながら配置が可能
13.バナー並び替え:バナー画像をドラッグ・アンド・ドロップで並び替え
14.項目選択肢別在庫編集:10分かかる削除と登録が1分に
15.項目選択肢編集:既存のページから複数のプルダウンなどを簡単コピー
16.サーチ非表示確認:在庫補充後の表示忘れ防止に
17.禁止タグチェック:スマートフォン用商品説明文の禁止タグをチェック
18.サブステータス件数表示:楽天ペイの注文処理の効率化
19.リピーター表示:購入回数から購入金額をチェック?
20.SMS送信:メールより高い開封率。キャリア判定も可能
21.SMS送信プラス:文字数無制限のメッセージが送信可能

★画像の説明★

会員専用Chrome拡張機能のまとめを動画にしました!
人気No.1ツール、いくつ機能を利用してますか?ぜひご確認ください。

高評価をクリックして、コメントでレビューを記載いただいた方には、
ECマスターズポイント(500ポイント)を贈呈しております!

・レビューご記入後はこちらよりポイント獲得申請をお願いいたします。
・日々どの様に活用しているかレビューにてご記載ください!

初期設定

1.GoogleChromeのインストール

GoogleChromeをすでにインストール済みの方はこちら >>

1-1.GoogleChromeのインストール(windows)

★画像の説明★

GoogleChromeダウンロードページにアクセス

 1   「Chromeをダウンロード」をクリック

 2  利用規約の確認

 3  「同意してインストール」をクリック

1-2.GoogleChromeのインストール(Mac)

★画像の説明★

 1  GoogleChromeダウンロードページ にアクセス

 2  利用規約の確認

 3  「同意してインストール」をクリックし、任意の場所に保存

 4  保存したファイルをクリックし、GoogleChromeのアイコンをフォルダにドラック&ドロップ

2.(Google Choromeをインストール済みの方)Google Chromeのバージョン確認

★画像の説明★

 1  Google Chrome 右上︙をクリック

 2  ヘルプをクリック

 3  「Google Choromeについて」をクリック

「GoogleChromeは最新版です」となっていることを確認
最新版でない場合は、更新をお願いいたします。

3.会員専用Chrome拡張機能をChromeに追加する

★画像の説明★

会員専用Chrome拡張機能にアクセス

 1  「Chromeに追加」をクリック

 2  「拡張機能を追加」をクリック

4.ECマスターズ登録情報を確認

すべての機能をご利用いただくために、ECマスターズ登録情報をご確認ください。

★画像の説明★

登録情報変更ページにアクセス

「RMSログイン登録情報」をクリック
===
・R-Login ID
・R-Loginパスワード
===
を最新の情報に更新

5.会員専用Chrome拡張機能に認証キーを登録

★画像の説明★

 1  Google Chrome 右上 会員専用Chrome拡張機能アイコンをクリック

 2  認証キーを貼り付け

 3  「認証キーを登録」をクリック

認証キーの確認方法はこちらよりご確認ください。

会員専用Chrome拡張機能説明動画

新機能のお知らせ(総復習版)

2018年7月4日 ツール説明会で配信した動画となります。
受注管理画面における新機能と、検索対策において基本のライバルとの「比較」するための活用法をご説明しております。

楽天対応

1.RMSへの自動ログイン

auto-IIuKa5.04.30.png

RMSログイン画面を開きます。

以下(A)(B)のいずれかの方法で簡単にログインができるようになります。
※R-LoginID/R-Loginパスワード、楽天会員ID/楽天会員パスワードの手入力は不要になります。

(A)画面中央「自動ログイン」(オレンジ色)をクリックしてログイン
(B)画面右下「+」>「自動ログイン」をクリックしてログイン

auto-0VJH9x.58.02.png

2段階認証後の画面まで推移します。

※会員専用Chrome拡張機能でログインいただけるのはここまでとなります。
 「次へ」以降はfieldname is not settedさんの方で確認後クリックしてください。

ログイン認証がお済みで無い方は下記の対応をお願いします。

★画像の説明★

ログイン認証へ移動する をクリックしてください。

★画像の説明★

セキュリティパスワードを入力してください。
ご不明な方はこちらから再発行をお願いします。

★画像の説明★

自動ログインを利用する準備が整いました。

2.スマホビュー

確認したい商品ページを開き右下の
「+」>「スマホビュー」をクリックしてください。

閲覧している商品ページをスマホ画面でご確認いただけます。

スマホビューは、検索結果一覧画面でもご利用いただけます。

3.スマホ比較

画像の説明

確認したい商品ページを開き右下の
「+」>「スマホ比較」をクリックしてください。

スマートフォンが3台表示されます。
(A)閲覧している商品ページと同じディレクトリのランキングページ
(B)スマホビュー
(C)閲覧している商品ページと同じジャンルページ

ライバルショップの把握や、ランキングにランクインしているライバルと自社との比較などにご活用ください。

4.ディレクトリタグの表示

★画像の説明★

ディレクトリタグを確認したい商品ページを開き右下の
「+」>「ディレクトリタグ」をクリックしてください。

検索対策において重要な商品の登録情報を取得できます。

★画像の説明★

商品名、PC用キャッチコピー、スマートフォン用キャッチコピー、ディレクトリID、ディレクトリ名、タグID、タグ名、カタログID、直近のランキング入賞歴を取得します。

 3  クリックすると商品をスマートフォンで閲覧した画面が開きます。この機能により、PCとスマートフォンページの情報の差や、ライバルの状況を簡単に確認いただけます。

 4  ディレクトリIDとディレクトリ名を表示します。上位商品とディレクトリを比較するとともに、商品に関連のあるディレクトリ名に関しては、しっかりと検索対象項目に含めてください。

 5  タグIDとタグ名を表示しています。ライバルの登録状況を確認しながら自社の登録漏れをご確認ください。

 6  タグ名をクリックすることでランキングへ推移します。ライバルが多いジャンルではランキングの入賞が難しい商品も、タグIDで絞り込むことでランキング上位に入賞できる可能性が高いので、タグID別のランキングも随時ご確認ください。入賞した場合は画面をキャプチャして商品ページに貼り付けてユーザへアピールするなど、販売促進にご活用ください

 7  直近のランキング入賞歴を表示しています。
 8  区分をクリックすることでランキングへ推移します。

5.ランキング

画像の説明

確認したい商品ページを開き、右下の
「+」>「ランキング」をクリックしてください。

閲覧している商品の
・デイリー
・週間
・リアルタイム
のランキング一覧を確認することができます。

6.リンク切れチェック

チェックしたい商品ページを開き右下の
「+」> 「リンク切れチェック」をクリックします。

「○件のリンク切れを検出しました」と表示された場合、
「一覧を確認する」で、リンク切れしているURLを確認することができます。

7.商品ページ比較君(R)連携

画像の説明

楽天の検索結果から、
商品ページ比較君(R)にかんたんに移動することができます。


(+)マークをクリック > 「商品ページ比較君(R)で比較」をクリック > 商品画像左上に表示されたチェックをクリック > ページ下部に表示される「商品ページ比較君(R)で比較」をクリック

8.RMSダイレクト

★画像の説明★

商品ページから、直接RMSの商品編集ページへ移動することができます。

(+)マークをクリック > RNSダイレクト(飛行機のマーク)をクリック
することで、商品編集ページにリンクすることができます。

左メニューをクリックすることで、各項目にリンク(ページ内リンク)することができます。

9.RMS(商品個別編集画面)文字数カウント機能

★画像の説明★

残り文字数が表示されていることを確認してください。

10-1.画像を確認しながら検索対策

★画像の説明★

右下の「+」を押し、
「画像一覧」をクリックしてください。

★画像の説明★

登録画像を確認しながら検索対策ができます。
楽天では検索対象項目にテキスト情報を盛り込むことが重要ですが、画像を見ながら対策することで、より効率的に対策することが可能です。

10-2.商品画像のサムネイル表示

★画像の説明★

いつも見ている商品画像の編集画面が…

★画像の説明★

画像のサムネイルも表示されますので、
画像の確認や商品画像の整理がより簡単になります。

11.画像並べ替え機能

★画像の説明★

RMSの画像一覧よりドラッグアンドドロップで商品画像を並べ替えることが可能になります。

12.バナー表示

★画像の説明★

共通バナー設定(スマートフォン)に、画像が表示されるようになります。

13.バナー並び替え

★画像の説明★

(+)マークをクリック > 「バナー一覧」をクリック

順番を入れ替えたい画像を、
バナー一覧内で、ドラックドロップすることで、順番を入れ替えることができます。

14.項目選択肢別在庫編集

★画像の説明★

まず以下の手順で該当商品の項目選択肢別編集画面を開きます。

商品個別編集画面「項目選択肢別在庫の登録・更新・削除をする」 > 「項目選択肢別在庫編集」

★画像の説明★

右下の「+」>「項目選択肢別在庫」をクリックしてください。

★画像の説明★

「取得」をクリックすると、現在項目選択肢別在庫に登録している「項目選択肢」「在庫・タグID・画像」の情報が(A)に表示されます。

情報がどちらにも取得されていることをご確認ください。

★画像の説明★

現在の項目選択肢別在庫情報が(A)に取得されている事を確認できたら、「項目選択肢別在庫の選択肢を削除する」をクリックしてください。

★画像の説明★

「項目選択肢別在庫の登録・更新・削除をする」をクリックし、
画面右下「+」 > 項目選択肢別在庫編集 をクリックし、「項目選択肢別在庫の登録・更新・削除をする」をクリックします。

★画像の説明★

横軸・縦軸の項目は「追加」や「☓」を使用して簡単に追加/削除できます。

★画像の説明★

必要箇所の編集が完了したら「① 全て貼付」をクリックすると、RMS画面に項目選択肢別在庫情報が反映されます。
反映の確認が取れたら「② 在庫数登録画面へ」をクリックします。

★画像の説明★

次は、在庫数を編集するので「在庫・タグID・画像」をクリックします。

①編集
初めに取得した、現在登録している項目選択肢別在庫情報
が表示されますので、(A)で以下項目を修正します。

・在庫数
・タグID
・画像
・納期情報


②貼付
修正した箇所の「貼付」をクリックすると、RMSの編集画面に反映されます。
※「全て貼付」をクリックすると全情報がRMS画面に反映されます。

★画像の説明★

「納期情報及び在庫数を更新する」をクリックして項目選択肢別在庫の編集が完了です。

15.項目選択肢編集

項目選択肢を直接反映する場合

Google Chromeにて、RMSにログインします。

★画像の説明★

項目選択肢コピー元の商品ページを開き、
 1  (+)

 2  項目選択肢 をクリック

★画像の説明★

 3  「商品管理番号」に、コピー先の商品番号を入力

 4  「追加」

★画像の説明★

 5  「項目」より、登録したい項目を選択

 6  RMS上の「項目選択肢を登録する」クリック

項目選択肢を保存し、保存した内容を反映する場合

注意

※保存リストの項目選択肢を、他のPCへ移行することはできません。

★画像の説明★

項目選択肢コピー元の商品ページを開き、
 1  (+)

 2  項目選択肢 をクリック

★画像の説明★

 3  「保存名」に、わかりやすい名前を入力

 4  「保存」をクリック

★画像の説明★

RMSにて、コピー先の「項目選択肢の編集」ページを開く

 5  (+)

 6  項目選択肢 をクリック

★画像の説明★

 7  「保存リスト」をクリック

 8  追加したい項目選択肢を選択

★画像の説明★

 9  「項目選択肢」をクリック

 10  「項目」より、登録したい項目を選択

 11  RMS上の「項目選択肢を登録する」クリック

16.サーチ非表示確認

★画像の説明★

サーチ非表示設定をしている商品は、商品一覧画面や個別編集画面で分かりやすく表示されます。

★画像の説明★

商品個別編集画面にも分かりやすく表示されます。

★画像の説明★

イベント前後などサーチ非表示の設定漏れにご活用ください。

17.禁止タグチェック:スマートフォン用商品説明文の禁止タグをチェック・削除

b01e571be4b20e1ce581336a569024ff.gif

【商品一覧】
(+)マークをクリック

「禁止タグを確認」
をクリックすると、禁止タグの登録されている商品が
わかりやすく表示されます。


c3c39d5a6645621c6945c71fbf770506.gif

【個別商品編集】
禁止タグの登録されている商品ページを開くと、
ポップアップが表示されます。

スマートフォン用商品説明文下に表示されている
「禁止タグ削除」
をクリックすると、禁止タグが削除されます。

「履歴」から戻したい日時を選択すると、
データを復元することができます。
※データの保存期間は10件です。
※禁止タグがあった場合のみ、「禁止タグ削除」をクリックしたタイミングでデータを保存します。

18. RMS(受注一覧画面)サブステータス件数表示

★画像の説明★

作成したサブステータスにそれぞれ件数が表示されます。

19.リピーター情報の表示

★画像の説明★

過去400日間で商品を購入した回数を一覧で表示することができます。

20. SMS送信君プラスへの連携、21.SMS送信君への連携

★画像の説明★

画面に表示された携帯電話番号をクリックすると、SMS送信君プラス/SMS送信君の利用画面が開きます。
※注文検索画面にも表示されます。

Yahoo!ショッピング対応

22.スマホ表示

楽天と同様の手順で、スマホ表示を確認できます。


機能上表示することができませんと、表示されている箇所は、
Yahoo!ショッピングの仕様上、スマホ表示では表示できない箇所となりますので、
実機でのご確認をお願いいたします。

23.スマホ比較

楽天と同様の手順で、スマホ比較を確認できます。


機能上表示することができませんと、表示されている箇所は、
Yahoo!ショッピングの仕様上、スマホ比較では表示できない箇所となりますので、
実機でのご確認をお願いいたします。

24.リンク切れチェック

楽天と同様の手順で、リンク切れをチェックできます。

25.PRオプション確認

★画像の説明★

任意のキーワードで検索した、検索結果一覧画面を開き右下の

「+」>「PRオプション確認」をクリックしてください。

★画像の説明★

どの商品がPRオプションを利用しているのかひと目で確認できます。

背景色付き:PRオプション利用
背景色なし:PRオプション利用なし

あらゆるキーワードで検索し、ライバルの利用状況を確認してPRオプションの検討にお役立てください。

PayPayモール対応

26.スマホ表示

楽天と同様の手順で、スマホ表示を確認できます。

Amazon.co.jp対応

27.スマホ表示

楽天と同様の手順で、スマホ表示を確認できます。

au PAY マーケット対応

28.スマホ表示※無料会員登録で無料:PCでスマホページを確認

楽天と同様の手順で、スマホ表示を確認できます。

よくある質問

Q:利用人数に制限はありますか?

現在、ご利用人数の制限はございませんので他のスタッフの皆さまも会員専用Chrome拡張機能をインストールしてご活用ください。

Q:会員専用Chrome拡張機能のバージョンを更新したいです。手順を教えてください。

Q:会員専用Chrome拡張機能が利用できなくなった

Chrome更新時に、拡張機能が無効になる通知が表示される場合があります。
無効になった場合は、下記のいずれかの手順にて、権限の許可をお願いします。

・右上の「︙」アイコンが黄色の場合

右上の「︙」を クリック > 「【ECマスターズ】楽天ショップの便利ツール が無効になりました」」をクリック > 「権限の許可」をクリック。
画像の説明画像の説明 

・右上にECマスターズのアイコンがない場合

こちら をクリック > 下記を参考に「このアイテムを有効にする」をクリック
画像の説明

・ECマスターズのアイコンがある場合

「認証キーを登録」が表示されている場合は、こちらを参照に設定をお願いします。
ss3.png

エラーや、不具合はこちらにてご報告くださいませ。