楽天のタグIDの変更で削除されたタグIDを
CSVファイルより一括で削除することができます。

2019.8.1 項目選択肢別在庫(select.csv)のタグID削除に対応しました。


  • 楽天
  • Yahoo!
  • Amazon
  • その他
  • レギュラープラン
  • シルバープラン
  • ゴールドプラン
  • プラチナプラン

最終更新日:2020年3月18日

必要環境

必須
・windows OS(動作確認:windosw10)
・EXCEL 2013以降(推奨:最新版)
・商品データのCSV編集機能

商品データのCSV編集をご利用いただくには、
 ・楽天RMSの商品一括編集
 ・RたすくII
いずれかのご契約が必要となります。
   
RたすくIIについては、下記ページをご確認ください。
https://club.ec-masters.net/index.php?ecm-rtask

初期設定

ツール一覧より、タグ削除君(R)をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイル(tag_delete_日付.zip)を
右クリック→「すべて展開(T)...」より、任意のフォルダに展開してください。

操作方法

1.商品データのダウンロード

1-1 楽天RMSの商品一括編集の場合

★画像の説明★

RMSログイン

店舗設定 > 商品登録・更新 > CSV更新(変更・削除) > CSVファイルの項目を選択してダウンロード
より
・全商品ディレクトリID
・タグID
にチェックを入れ、CSVをダウンロードします。

1-2 RたすくIIの場合

★画像の説明★

RたすくII 1  「商品一括ダウンロード」

 2  「商品個別詳細情報」「項目選択肢別在庫数(必要に応じて)」にチェックを入れて「実行」

★画像の説明★

必要なデータを選択

 3  「CSV書出」をクリック

 4  「通常商品用」と「項目選択肢用」の「書出実行」をクリックして、
2つCSVを用意します。

ダウンロードしたCSVのファイル名に
dl-
を付与

項目選択肢別在庫のタグIDを削除する場合は、
itemとselectの数字の部分をあわせてください。

例:
dl-item20200318155113.csv
dl-select20200318155113.csv

2.タグ削除君(R)の起動

★画像の説明★

タグ削除君(日付).xlsb をダブルクリックして、EXCELを起動します。
※セキュリティの警告 マクロが無効にされました。と、表示された場合は、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。
※3.認証キー入力画面が表示されるまで、1-2分ほど時間がかかる場合があります。

3.認証キーの入力

★画像の説明★

認証キーを確認するダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。
認証キーを入力して「登録」をクリックします。
認証キーの確認方法はこちらよりご確認ください。

4.CSVファイルの選択

★画像の説明★

しばらくお待ちいただくと、ファイルを選択する画面が開くので、
(1)でダウンロードしたCSVファイルを選択し「開く」をクリックします。

5.タグ削除君の実行

★画像の説明★

タグ削除君-処理開始 という画面が開きますので
「OK」をクリックします。
しばらく時間がかかりますので、操作せずにお待ち下さい。

6.処理完了

★画像の説明★

「タグ削除君-処理完了」の画面が表示されたら
削除されたタグの個数が表示されます。

1個以上削除されている場合は、画面に表示されているファイルが

タグ削除君(日付).xlsbと同様のフォルダ(初期設定はDocuments > タグ削除君 になります)に作成されていますので

item.csvもしくはselect.csvに修正して、アップロードして下さい。