画像の説明



CSV高速読込・置換君は、タグを多用していたり、
容量の大きいCSVデータを展開する時でも、
待ち時間なく展開することができます。

また、Excelの「差込」「置換」といった機能を簡単に行えるツールです。

イベント時の商品名の追加や削除、
バナーの差替えなど作業負担なく行うことができます。


必須環境

環境

OS\ExcelExcel2019Excel2916Excel2013Excel2010
Windows 10
Windows 8(8.1)
Windows 7--

※✕は動作保証対象外

基本操作



1. CSV高速読込・置換君をクリックするとダウンロードが始まります。
scvchikan_m01.jpg


矢印


2.ダウンロードしたファイルを解凍します。

kousokuyomikomitikankun2 copy copy copy-min

ダウンロードしたfastCSVのZIPファイルを解凍します。

フォルダ内にはCSV高速読込・置換君とmacroの二つのファイルが入っています。

※同フォルダ内にmacroデータが入っていないと起動しませんのでご注意ください。



矢印


3. 認証キーを入力します。

kousokuyomikomitikankun3 copy copy copy-min

解凍したファイル内にあるCSV高速読込・置換君の
Excelファイルを開き、認証キーを入力します。

※認証キーとは
ECマスターズツール > 認証キーを表示する > セキュリティパスワードを入力
より認証キーを確認することができます。


矢印


4. 展開したいCSVデータを開きます。

kousokuyomikomitikankun4 copy copy copy-min

認証キーを入力した後、ファイルが開かれますので、
展開したいCSVデータを選択し、開きます。

※文字列として開かれます。


矢印

csvparts-hosoku1.png

例えば今回はPC用商品説明文を変更することにします。
※1回につき1項目のみ差し替えが可能です。


矢印

csvparts-hosoku2.png

他の情報を削除していただき、
(コントロールカラム)・商品管理番号・変更したい項目
をコピーします。


矢印


5. CSV高速読込・置換君の操作シートに移ります。

kousokuyomikomitikankun5 copy copy copy-min


csvkousokuyomikom-hosoku1.png

タブで切り替えることができます。


矢印

csvkousokuyomikom-hosoku2.png

先ほどコピーした内容を貼り付けます。
※"置換対象"(C行)に一括編集したい項目が項目名ごと入るようにします。


矢印


6. "差込"ボタンをクリックすると置換対象の前後どちらかに文字列が差込まれます。

kousokuyomikomitikankun6 copy copy copy-min

差込文字列に追加したい文字列を入れた後、
差込位置で前後どちらに差込をするか決めることができます。

設定をしたら"差込"をクリックします。


矢印


7. 置換対象に設定した文字列が追加されます。

kousokuyomikomitikankun7 copy copy copy-min

差込文字列に設定した文字列が一括で差込まれます。


矢印


8. "置換"ボタンをクリックすると置換対象の文字列が置換されます。

kousokuyomikomitikankun8 copy copy copy-min

置換前に入力した文字列が置換後に入力した文字列に置換されます。


矢印


9. 置換対象の文字列が置換されます。

kousokuyomikomitikankun9 copy copy copy-min

置換した件数が表示され、置換数(D列)には同行で置換された件数が表示されます。


矢印


10. 残り文字数が表示されます。

kousokuyomikomitikankun10 copy copy copy-min

文字数上限に上限の値を入力しておくと、
残り文字数(E列)に追加可能な残り文字数が表示されます。


矢印


11. CSVデータとして書き出すことができます。

kousokuyomikomitikankun11 copy copy copy copy-min

編集が完了したらCSVデータを書き出してアップロードしましょう。


矢印


12. CSVデータが保存されます。

kousokuyomikomitikankun12 copy copy copy copy-min

一括登録サーバにアップロードで定められている状態で保存されますので、
ファイル名を"item"に変更すればアップロードができます。



作業事例

1. バナーを全商品のPC用商品説明文に追加します。

kousokuyomikomitikankun13 copy copy copy copy-min

イベントに合わせてイベントバナーを全商品のPC用商品説明文に追加していきます。

商品管理番号と置換対象列に追加したい商品の商品管理番号とPC用商品説明文を追加します。

差込文字列に追加したいイベントバナータグを入力し、差込位置を前後どちらか設定し、差込ボタンをクリックします。


矢印

kousokuyomikomitikankun14 copy copy copy copy-min

本来楽天RMSから一つずつ設定しなければできない作業が、数秒で全商品のPC用商品説明文にイベントバナータグが追加することができます。

あとは、CSV書出をクリックし、書き出したCSVデータをアップロードすれば全商品のPC用商品説明文にイベントバナーの登録が完了です。





2. 全商品のPC用商品説明文に設定したバナーを取り外します。

kousokuyomikomitikankun15 copy copy copy copy-min

イベント終了に合わせて全商品のPC用商品説明文に設定していたイベントバナーを取り外していきます。

置換前に取り外しをしたいイベントバナータグを入力し、置換後は無記入の状態にし、置換ボタンをクリックします。


矢印

kousokuyomikomitikankun16 copy copy copy copy-min

全商品ページからバナー取り外す大変な作業を、数秒で終わらすことができます。

あとは、CSV書出をクリックし、書き出したCSVデータをアップロードすれば全商品のPC用商品説明文にイベントバナーの登録が完了です。